マンゾク極超熟女版PR

大阪高級出張性感 姫枕 人妻城 改札劇場グループ バナー広告募集中

契約者規約

第1条(契約者規約)

本規約はマニアック風俗・デリヘル情報サイト 「マンゾク極」 | 超熟女版(熟女・人妻)事業部(以下「当事業部」といいます。)が提供する各種サービス(以下「サービス」といいます。)に関し、契約者の利用を規定したものです。 契約者が当事業部の提供するサービスを利用する場合は、本規約を承諾することを必要とします。

第2条(本規約の範囲)

  1. 当事業部が契約者に対して発する第5条所定の通知は、本規約の一部を構成するものとします。
  2. 当事業部が、本規約本文の他に別途定める各サービスの利用規約・基準・ガイドライン(以下「個別規約等」といいいます。)や、申込書等の個別契約書で規定する各サービスの利用上の決まりも、この契約者規約の一部を構成するものとします。

第3条(本規約の発効)

本規約は、契約者に対して当事業部が当事業部の提供するサービスの利用を申し込んだ時点において、本規約の内容に同意したものとみなし効力を生じるものとします。

第4条(本規約の変更)

  1. 当事業部は、契約者の承諾を得ることなく、この規約を変更することがあります。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の規約によります。
  2. 変更後の規約については、当事業部が別途定める場合を除いて、マニアック風俗・デリヘル情報サイト 「マンゾク極」 | 超熟女版(熟女・人妻)のHP内、「契約者規約」で表示した時点より、効力を生じるものとします。

第5条(契約者)

契約者とは、当事業部にサービスを申し込み、当事業部がこれを承諾した者をいいます。

第6条(契約の取消)

当事業部は、審査の結果、申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の契約を取り消すことができます。

  1. 申込者が実在しないこと。
  2. 申込をした時点で、規約の違反等により資格の停止処分中であり、または過去に規約の違反等で除名処分を受けたことがあること。
  3. 申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったこと。
  4. 申込をした時点でサービスの利用料金の支払いを怠っていること、または過去に支払いを怠ったことがあること。

第7条(変更の届出)

  1. 契約者は、住所等、当事業部への届出内容に変更があった場合には、速やかに当事業部に所定の方法で変更の届出をするものとします。
  2. 前項届出がなかったことで契約者が不利益を被ったとしても、当事業部は一切その責任を負いません。

第8条(譲渡禁止等)

契約者は、契約者として有する権利及び契約者たる地位を第三者に譲渡し、または、第三者への担保に供することはできないものとします。

第9条(契約者からの解約)

契約者がサービスの利用を解約する場合は、サービス提供開始予定日の前営業日より起算して10営業日前までに書面にて当事業部に届け出るものとします。 当事業部は既に受領した利用料などの払い戻しは一切行ないません。違反した場合、違約金を請求する場合があります。

第10条(サービス利用の方法)

契約者は、当事業部の定める方法により特定のサービスを申し込み、当事業部がそれを承諾することで特定のサービスを受けることができます。ただし、当事業部の判断により、特定のサービスの申し込みを承諾することができない場合があります。

第11条(サービスの変更)

サービスの内容は、当事業部の都合により随時、追加または変更できるものとします。

第12条(個別規約等)

契約者は、個別規約等がある場合には、予めこれに同意し遵守するものとします。

第13条(サービスの中断・停止・中止)

  1. 当事業部は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、契約者に事前に通知することなく、サービスを中断または停止または中止することがあります。
    1. サービス用設備等の保守を定期的にまたは緊急に行なう場合。
    2. 天災地変、火事、停電等の事故の発生によりサービスの提供ができなくなった場合。
    3. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくった場合。
    4. その他、運用上または技術上当事業部がサービスの一時的な中断が必要と判断した場合。
  2. 当事業部は、第1 項各号のいずれか、またはその他の事由によりサービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する契約者または第三者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

第14条(データの削除)

契約者から提供されたデータの管理権は当事業部に属し、サービスの目的に反する場合、サービスの保守管理上の必要がある場合及びその内容が公序良俗に反する場合は、契約者に事前に通知することなく、データを削除することがあります。

第15条(免責)

  1. 当事業部は、契約者が情報掲載に関して被った損害(その原因の如何を問わない)について、その損害を賠償する責を負わないものとします。
  2. 当事業部は、サービスの提供に関連する一切の行為について、契約者に対して、その法的根拠如何に関わらず、一切の損害賠償支払義務を負いません。
  3. 当事業部は、サービスに投稿されたレビューの有用性、適合性、正確性、安全性、合法性、最新性について、その法的根拠如何を問わず、一切の責任を負いません。
  4. サービスにおいて、契約者から提供された情報(プログラムを含む)によって第三者の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、営業秘密を含む)、名誉、プライバシーその他第三者の権利または利益を侵害し、当事業部が損害賠償の支払を余儀なくされた場合は、当事業部は当該権利または利益侵害の原因となる情報を提供した契約者に対しその損害及び当該権利または利益の侵害に基づく請求に対する対応に関わる一切の費用(訴訟費用、賠償金、弁護士費用など)を請求できるものとします。
  5. 契約者間及び契約者と第三者の間でトラブルが発生した場合は、当該当事者間で一切の解決を図るものとし、当事業部は何ら負担を負わないものとします。

第16条(禁止事項)

契約者は、以下の行為を行ってはなりません。

  1. 当事業部もしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  2. 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  3. 他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為
  4. 詐欺等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為。
  5. 児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信または表示する行為
  6. 連鎖販売取引(ネットワークビジネス、マルチ商法等)無限連鎖講(ネズミ講)及びこれに類する行為、またはそれらを勧誘する行為
  7. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な状態におく行為
  8. 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
  9. 他者に対し、無断で広告・宣伝・勧誘等の電子メールを送信する行為または嫌悪感を抱く、もしくはそのおそれのある電子メール(嫌がらせメール)を送信する行為、他者のメール受信を妨害する行為、連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為及びこれらに準ずる行為
  10. 他者の設備またはサービス用設備(当事業部がサービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為及び支障を与えるおそれのある行為
  11. 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段により他者の個人情報を収集する行為
  12. 布教及び宗教の勧誘を目的とする行為
  13. その他法令及び本規約に違反し、または違反するおそれのある行為
  14. 上記各号のほか、公序良俗に違反(売春、暴力、残虐等)する行為、サービスの運営を妨害する行為、当事業部の信用を毀損し、もしくは当事業部の財産を侵害する行為、または他者もしくは当事業部に不利益を与える一切の行為

第17条(契約者規約違反等への対処)

  1. 当事業部は、契約者が本規約に違反した場合及び契約者によるサービスの利用に関し他者から当事業部にクレームないし請求等がなされた場合、またはその他の理由でサービスの運営上不適当と当事業部が判断した場合は、当該契約者に対し、次のいずれかまたは複数の措置を講ずることができます。
    1. 本規約に違反する行為を止めること及び同様の行為を繰り返さないことを警告します。
    2. 他者との間で、クレームないし請求等の解決のための協議を行うことを 要求します。
  2. 第1項の規定は当事業部に同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではありません。

第18条(契約解除)

  1. 当事業部は、契約者が次のいずれかに該当する場合は、直ちにサービスの利用契約を解除することができます。
    1. 第16条で定めた禁止行為に該当すると当事業部が判断したとき。
    2. 当事業部の広告掲載基準に反するなど、個別規約等および個別契約書に違反する行為があったとき。
    3. サービス利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否したとき。
    4. 本規約に違反し、前条1項の措置にかかわらず、改善がみられないとき。
    5. その他当事業部との信頼関係が喪失されたとき。
  2. 前項の定めによってサービスの利用契約が解除された場合は、契約者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料その他の債務等当事業部に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。

第19条(サービスの利用料)

サービスの利用料、算定方法等は、当事業部が別途定めるとおりとします。なお、サービスの料金は事前通知をもって変更することがあります。

第20条(決済手段)

契約者は利用料その他の債務を契約者ごとに当事業部が指定した以下のいずれかの方法で履行するものとします。

  1. 送金払い
  2. その他当事業部が定める方法による支払

第21条(決済)

  1. 当事業部は個別規約等もしくは個別契約に従い、利用料その他の債務の額を締めこれを集計します。
  2. 当事業部は前項に基づき算出された金額およびこれにかかる消費税相当額等を前条に定める各契約者の決済手段に従ってそれぞれ請求するものとします。
  3. 契約者は各自の決済手段により、別途定める支払条件に従い、支払を行うものとします。
  4. 当事業部への支払に必要な振込手数料その他の費用は、すべて当該契約者の負担とします。

第22条(著作権)

  1. サービスにおける著作物(文書、資料、画像、デザイン等の一切の表現物を含みます)についての著作権は、特別の断りがない限り、当事業部に帰属します。
  2. サービスの提供にあたり、当事業部が掲載する情報、画像などのすべての知的財産権を、当事業部の許可なく、複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。

第23条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本国国内法が適用されるものとします。

第24条(紛争の解決)

契約者と当事業部との間で紛争が生じた場合、加入者と当事業部で誠意をもって協議するものとします。 協議しても解決しない場合、横浜地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに同意します。

マニアック風俗・デリヘル情報サイト 「マンゾク極」 | 超熟女版(熟女・人妻)事業部 平成24年8月15日制定・施行